『逆転裁判123 成歩堂セレクション』感想


※当感想には本編のネタバレがあります。

ストーリー

シリーズの原点となる、
弁護士”成歩堂 龍一”を主人公とした
人気の3作品が1つに!

成歩堂3部作・大ボリュームの全14話を収録!
PlayStation®4、Nintendo Switch™、Xbox One、PC(Steam)への移植にともない、
グラフィックが高解像度化!より美しく、より臨場感が増した法廷バトルが体感できる!

2001年10月にゲームボーイアドバンス用ソフトとして発売された、初の“法廷バトル”ゲーム。
新米弁護士となって無実の罪を着せられた依頼人を救うべく、
事件の真相を暴いていくという独自のゲーム性が人気を博しました。
これまでに様々なシリーズ作品が発売され、累計670万本(2018年6月30日現在)を記録する人気シリーズです。
逆転裁判123 成歩堂セレクション公式サイトより

感想

今まで当サイトで逆転裁判シリーズの感想を書いてきたけどその原点たる123の感想は初めてだなぁ。
私が推理ゲームハマるキッカケとなった作品なのでとても思い入れあるけど細々感想書くとグダるからプレイした順番に当時の思い出を振り返りつつ書いていこう。


逆転裁判3

過去と現在が結び合う、
たった一つの真実
成歩堂龍一と若かりし頃の綾里千尋、2人の視点で物語は展開する。
現在と過去、様々なエピソードを内包し、物語はクライマックスに!

逆転裁判123 成歩堂セレクション公式サイトより


私の初逆転裁判は成歩堂シリーズ最終章でした。
当時『ToHeart』『Kanon』など美少女ノベルゲームが私の中でブームでした。
その流れでギャルゲーとして『EVE burst error』をプレイしたらミステリー要素の強いシナリオに感動。
その流れでネットで評判の良いミステリーゲームとして『逆転裁判』の存在を知り、当時最新作だったGBA版『逆転裁判3』を購入。あれから15年経ったけど未だにADVゲーム大好きだし人生に多大な影響与えられたなぁーと改めて実感する。

GBA版公式サイトにあった体験版を遊んでいたのでゲームシステムは把握済み。証言をじっくり読んでゆさぶり掛けて矛盾を見つけたときの「異議あり!」の気持ちよさと言ったらね。「異議あり!」成功すると無音になる演出も緊張感が解れて心地良い。あっという間に逆転裁判の虜です。次々と矛盾を解明して事件の謎を紐付くと犯人や検事のリアクションのデカさにもまた惚れ惚れ。1話『思い出の逆転』ではちなみに蝶を燃やすわ亜内検事の髪の毛が吹っ飛ぶわキョーレツすぎ。掴みはバッチリですね。

2話『盗まれた逆転』で相棒の綾里真宵ちゃん、その従姉妹の綾里春美ちゃんや糸鋸刑事にライバル検事のゴドーとメインキャラが出揃いました。2話の思い出言ったらアイガ探偵の最後の証言ですよ。まさかゆさぶり一発勝負とか逆裁ビギナーには難易度高いですよ!手前でセーブして総当たりで挑みましたよ。「異議あり!」成功したら無音になるのにこの時だけはBGM流れっぱなしだからホントドキドキでしたわ。

その後も順調に矛盾をつきつけていき最終話『華麗なる逆転』にてあるキャラクターと満を持して登場。
ズヴァリ!成歩堂のライヴァル・御剣怜侍です。4話『始まりの逆転』で敵対した検事が操作キャラクター???なんなんだこの人って事件の謎以上に惹かれましたよ。さいころ錠とかモノローグがいちいち面白いし。


DL6号事件とか重要なワードは出てくるが詳細は教えてくれないので3をクリアした後速攻で2を買いに走りましたとも!


逆転裁判2

熱き逆転劇が今、
ふたたび始まる!
開廷直前に襲撃を受け記憶喪失に‥‥
絶体絶命の状況で逆転無罪を勝ち取れるか!?

逆転裁判123 成歩堂セレクション公式サイトより


御剣を知りたいがためにシリーズ巡りを決意して次に手を取ったのが『逆転裁判2』。
成歩堂が記憶喪失、真宵ちゃんが霊媒した霊が殺人、サーカスで空飛ぶ殺人犯、依頼人がクロとか全体的にアクの強いシナリオ。正解ルートいくには別証言ゆさぶった後にもう一度ゆさぶりとか手順が複雑。2をあんまり再プレイしないのってそこらへんなんだろうな。

真宵ちゃんが御剣の話題に触れると成歩堂がアイツの話はしないでくれ!としきりに切れる理由が気になって仕方なかったね。3では弁護士バッジ託すほどの信頼していたのに。一体この二人に何が…?と話を進めたけど全容は掴みきれない。やっぱりDL6号事件について知っていないとダメなのか。ここまで来たらDL6号事件について知るため2をクリアした後速攻で1を買いに走りましたとも!



あと2で登場したキャタクターだとこらちの宇宙人が強烈でした。

カタカタカタカタ…

1の話に入る前に2で未だに後悔している話を一つ。最終話で冥が持ってきた証拠品を誰に見せるか?の流れになって当時まーったく分からず攻略サイトを見てしまいました。総当たり戦法やるにも数が多すぎるし、成歩堂が何度もバッドエンディングで弁護士辞めちゃうしで心折れてついね。これが悔しくて悔しくて。コーヒーのように苦い思い出あるから私はあまり2に触れないのかもしれないと自己分析。


逆転裁判 蘇る逆転

熱き逆転劇が今、
ふたたび始まる!
開廷直前に襲撃を受け記憶喪失に‥‥
絶体絶命の状況で逆転無罪を勝ち取れるか!?

逆転裁判123 成歩堂セレクション公式サイトより


逆転裁判の原点だけど私にとってシリーズ巡りの旅の終着点。
これでやっと御剣怜侍の事が全て分かるのか…長かった。ところで成歩堂が弁護士になったのは御剣に会うためというのがスゴイよね。3では芸術学部の大学生だった事を踏まえると進路変更したんでしょ?行動力ありすぎでしょ成歩堂クン。最後の最後に成歩堂に驚かされる事になるとはね。

あと宇宙人ことオバちゃんにも会えましたよ。この時はまだ、マシンガントークの強烈なワイルドなオバ様程度だったのに。過去に「2以降の逆裁はキャラ味付け濃い」というレビュー見た事あるけど今なら分かる。シリーズ重ねるとハードのスペック上がってキャラクターモーションがクドイし3Dに移行してからそれが顕著。新しい事に挑戦するのはクリエイターとして正しい姿勢だと思うけど逆転裁判はある程度の制約あってこそポテンシャル発揮出来るタイトルなのでは、と改めて考えちゃうな。


本作で一番クドイモーションの持ち主は恐らくうごめくベニヤ板だと思います。


123を通してプレイするのは久々だったけどやっぱり好きな作品です。マルチプラットフォーム版では探偵パートで調べ済みの箇所にチェックがつくのでプレイしやすくなりました。3DS版やスマホ版では枚数減らされてカクカクしていたキャラクターモーションも元通りになって滑らかだし。今『逆転裁判』シリーズをプレイするなら手に入りやすさとシステム的にマルチプラットフォーム版が断然オススメです。

一覧へ戻る

TOPへ戻る